幸せはいつも傍にある 第7回

幸せはいつも傍にある 第7回

Posted at 2016.12.08 Page View 99 Author JESSICA-itn01

南アフリカから、こんにちは!

今日の作品は外国で知り合った子に撮らせてもらったもの。

そこに言葉を入れてみました。

好奇心を掻き立てられるようなワクワクするような未来!勇気を持って行動に移せば誰もが出逢える感動があるはずです♫

さて、僕は今、南アフリカで最高の1枚を求めて日々カメラを片手に飛び回っています。

先日は航路で移動中、大量のオットセイに遭遇できました!

常夏の国なのにペンギンもいましたよ!

こんな日本の裏側にも、僕のように1人で旅をしている日本人はいて、現在は彼らとヒッチハイクをしながらケープ半島をまわっています♫

昨日は車に乗せてくれた家族が初対面にも関わらず家に招待してくれて、食事とお酒をご馳走になりました。

黒人住居区にて

南アフリカは白人、黒人、その混血のムラートと呼ばれる人々が住む地域がしっかりと区切られていています。
かつてイギリスが占領していたこの国は黒人に対しての差別が未だ根強くあると話していました。
その話を聞いていてその黒人居住区に興味を持ってしまいつい先程、単身でカメラを持って乗り込みました。

村の中腹くらいでたまたま通ったポリスボックスで
「きみは1人で何でこんなとこにきたんだ!カメラや携帯だけじゃなく命まで奪われるぞ!」
と叱咤されバス停までエスコートしてもらい黒人居住区を出ました。



(iPhoneは日本の倍以上の値段で取引されてるみたい)
何もなくてきみはラッキーだったよと繰り返す警官。
いや、そんなこと良く分かってます、分かってても良い写真を撮りたいんです。笑


明日はレンタカーを借りてライオンやチーターなど大自然の動物を撮ってきます!
それではまた来年、現地からレポートと共に写真詩作品をお届け致します^_^