ネイルでボロボロに弱った爪を復活!

ネイルでボロボロに弱った爪を復活! ピンクのすっぴん爪を取り戻す4つの簡単ケア

Posted at 2017.01.24 Page View 1924 Author JESSICA-itn01

【ジェルネイル好きの悩みは「爪が弱る」こと】

特に、ジェルネイルを長く楽しんでいる女性は、時に爪のトラブルを抱えてしまうことも。
ジェルネイルを繰り返すたびに、オフするときは毎回爪を削るため、爪がどんどん薄く弱くなってしまうのが、大きな悩みかもしれません。

さらに最悪なパターンになると、ドクターストップがかかってしまうケースもあるんです!

爪のトラブルは、ジェルネイルをしていなくても、爪切りをよく使う方も要注意。爪切りを使うと二枚爪になりやすく、爪が途中から割れてしまうなど、実はトラブルの元凶になりやすいんです。

できれば今後、爪切りではなく、爪やすり(ネイルファイル)で削って、長さを調整してみましょう。

ここまで、爪がもろくなる原因について紹介しましたが、次は、フランスの美容サイト『Femmezine』が案内している、自宅にあるモノを使って簡単にできる、弱った爪を回復するテクをご紹介します!


©shutterstock/CRM

弱った爪のケア①  塩水に爪を浸す

©shutterstock/RossHelen

家にあるどんなモノが弱った爪に効果的?
それは塩水。
塩水は爪に活力を与える力があり、元気にしてくれるそうなんです。スキューバダイビングなどのマリンスポーツで海に潜る人は、特に爪がよく伸びるんだとか。

自宅でのやり方は簡単。キッチンで小さなボウルを取り出してお湯と塩を適量入れ、温かい塩水を作ってください。その塩水に爪をしっかりと入れ、数分浸します。特に傷んでいる爪を早く回復したい時は、何日か続けて実践してください。



自宅でできる弱った爪の回復方法その②

©shutterstock/ Filipe B. Varela

それは、レモン水を使うこと。

レモン水は爪の成長を促すのに効果的です。こちらも塩水と同様に、小さなボウルにお湯とレモン汁を入れてください。レモンの量は、一回にレモン半分を使えばOKです。温かいレモン水の中に爪を約10分間、浸します。
この作業を続けると、数日後には爪が強く美しくなりますよ!

ただ、注意すべきは、周りの甘皮にささくれがあったり、爪の周りの皮膚が切れていたりする場合は、塩水もレモン水もとても滲みますから、気をつけてくださいね!



弱った爪のケア③ ハンドクリームを塗る

©shutterstock/Olga Miltsova

上記のようなケアと同様に、オイルやハンドクリームでこまめに保湿することも大切です。爪&指先だけでなく、手全体のマッサージにも効果的ですよ♪

また、水仕事をする時はできるだけゴム手袋を使うようにしてくださいね。





弱った爪のケア④ 話題のキューティクルオイルを使う

最近は爪を保護するキューティクルオイルが大人気なのをご存知でしょうか?

それらのアイテムは、傷んだ爪を健康な爪に導き、さっと塗るだけでトップコートを塗ったような光沢感も生まれ、爪も美しく見えます。

写真のアイテムは、天然のアボカドから摘出されたアボカドオイル使用のキューティクルオイル。OPIの商品ですが、かなり人気なようです。



オフィスでは書類を誰かに渡す時など、指先を誰かにチェックされることが多いもの。力仕事や水仕事など、荒れたり、傷んでしまう一方の指先ですが、今回ご紹介した4つの簡単ネイルケアをぜひ試してみてください。

ほとんど家の中にあるモノでできるので、手軽なところもオススメですよ!

ネイルケアを習慣にして、この先もオシャレなネイルをずっと楽しんでいきましょう♪